絶対忘れるから備忘録

ROSでロボットとか。Ubuntuで困ったこととか。

Nucleo-F303 mbedプロジェクトのローカルビルド

Nucleo-F303はmbed開発環境が利用できてブレボに刺さるSTM32マイコンボードという優れモノです。

ひとついただけないのは、mbed環境というのがオンラインIDEであることです…。

そこでローカルビルド環境を模索してみました。



いくつか試しましたが、結局EmBitz(https://www.embitz.org/)に落ち着きました。

mbedからEmBlocks(EmBitzの前身)向けにエクスポートし、EmBitzでインポートします。

そのままビルドすると、こんな警告がでてelfファイルが生成されません。
linker input file unused because linking not done

リンカオプションをいじる必要があります。

Build optionsのLinker settingsタブのLinker Flags - Othersのボックスの1行目にある-cを削除します。

また、Nucleo-F303の場合は、Serialクラスを使うとなぜかWWDG_IRQHandlerにハマるので、RawSerialクラスを使用します。



mbedのオンラインコンパイラは時々応答しなくなることがあったので、これでようやく安心して開発できるようになりました!