あくまで個人的メモ用ブログ

ROSでロボットとか。Ubuntuで困ったこととか。

Qwtのインストールでコケて諦め

GUIクロスプラットフォーム開発環境のQtでグラフなどを簡単に扱えるようになるQwtというファームウエアがあります。

公式サイトはこちらです。
http://qwt.sourceforge.net/

ソースコード形式で配布されているので、自前の環境でビルドする必要があります。

公式には、展開したqwt-6.1.3フォルダ内で

qmake qwt.pro
nmake
nmake install

と叩けばC:\qwt-6.1.3にインストールされるとあります。


が、nmakeでエラーが出ました。

Qt5OpenGLd.lib(Qt5OpenGLd.dll) : fatal error LNK1112: モジュールのコンピューターの種類 'x64' は対象コンピューターの種類 'X86' と競合しています。

とのことでした。言わんとしていることはなんとなくわかりますが、どのように対処すればよいかわかりませんでした。

なお当方の環境はVisual studio 2015 64bitコンパイラ、Qt v5.7.0 64bitです。



試しに、qwt-6.1.3フォルダ内のqwt.proをQt Creatorで開き、ビルドしました。

すると、qwt-6.1.3フォルダがあるフォルダに自動生成されるbuild-qwt-Desktop_Qt_5_7_0_MSVC2015_64bit-Debugフォルダに、バイナリが生成されていました。

Makefileもあったので、そこでnmake installしたところ、C:\qwt-6.1.3にインストールされました!




こちらにあるように、designerプラグインを使おうとしたのですが、「有効なWin32アプリケーションではありません」とエラー表示があり、「失敗したプラグイン」となってしましました。

月の杜工房 - Qwt概要


これは、Qt Creatorが32bitであることに起因するようです。

ならqwtを32bitコンパイラでビルドすればいいと思ってやってみたのですが、今度は「指定されたプロシージャが見つかりません」とエラー表示があり、designerプラグインはもうあきらめました…