絶対忘れるから備忘録

ROSでロボットとか。Ubuntuで困ったこととか。

FreeCADをつかってみよう

高専時代はSolidWorksの学生ライセンスがあったので、自分のPCにSolidを入れることが出来たのですが、大学生になってそれが出来なくなりました。


SolidWorksは、非常に優秀なCADです。代わりのCADを見つけるのが大変です。


Autodesk Inventor、PTC Creoなど学生なら無償で使用できるものもありましたが、いっそフリーウエアを導入してみようかということで、FreeCADを試してみます。

公式サイトはこちら
FreeCAD: An open-source parametric 3D CAD modeler


起動した画面はこのような感じです。はてなブログはスクショ貼るの簡単で助かります。
f:id:ub2_memo:20160503200844p:plain


新しいプロジェクトを開始→部品設計をクリックしてみます。するとこのような画面になります。
f:id:ub2_memo:20160503201154p:plain


左側のスケッチを作成をクリックしてみます。スケッチの向きはxy平面を選択します。
Part Design→スケッチャージオメトリ→長方形を作成というコマンドで、四角を描いてみます。
f:id:ub2_memo:20160503201422p:plain


寸法をいれるには、まず寸法を入れたい箇所をクリックで選択するようです。

たとえば、この四角の線分。または、頂点を二つ選択してもいいようです。

その状態でスケッチャー拘束→距離拘束というコマンドを選ぶと寸法を指定できます。


適当に寸法をいれて、こんな感じです。
f:id:ub2_memo:20160503202011p:plain


左側のタスク内のCloseで、スケッチを終了します。


あとは押し出しで押し出せます。

数字の0キーで等角投影ビューになります。
f:id:ub2_memo:20160503202359p:plain


とりあえずこれで、基本は掴めました。