読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくまで個人的メモ用ブログ

ROSでロボットとか。Ubuntuで困ったこととか。

Qtでcorecrt.hが見つからないと言われる問題

Qtで適当なプロジェクトを作成し、ビルドしたところ

エラー: C1083: include ファイルを開けません。'corecrt.h':No such file or directory

と言われてしまいました。まずインクルードパスを追加します。.proファイルにこれを追加します。

INCLUDEPATH += "C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Include\10.0.10150.0\ucrt"


ファイルにたどり着くことはできているみたいですが、エラーは収まりません。

普通に実体のファイル"corecrt.h"はあるんですけどね…


調査を続けると、ひとつの解決策が見つかりました。ソースはここです。

[QTBUG-50191] New Qt Quick application does not build with VS2015 (cannot include corecrt.h) - Qt Bug Tracker

このフォーラムに投稿したPhilipp Münzel氏によると、
"Re-run the VS2015 installer, click "Modify" and then choose to install "Universal Windows App Development Tools", which is found under "Windows and Web Development" and click update. This installs the Windows 10 SDK and fixes the problem."
だそうです。

Visual studio 2015のコンポーネントが足りないみたいなので、「ユニバーサルWindowsアプリ開発ツール」をインストールします。

f:id:ub2_memo:20160730000930p:plain

インストーラを起動し、こいつにチェックをいれて、更新ボタンをクリックします。

インストール後、再起動。これでビルドが通るようになりました。